お勧めの本『脳が冴える15の習慣』

『脳が冴える15の習慣』
著者 築山 節 

最近 、脳が何となく冴えない? ・・・・037.gif
ちょっこし読んでみました~(笑) <記憶・集中・思考力を高める>

習慣①生活の原点をつくる  
     脳を活性化させる朝の過し方。足・手・口を意識して動かそう
    ・朝は一定の時間に起きよう
   ・散歩・ラジオ体操などの軽い運動
    ・部屋の片づけ
    ・ 料理
    ・ ガーデニング
    ・ 挨拶+一言
    ・ 音読(できれば10分以上)=脳の入力→情報処理→出力 人に聞かせるつもりで読んでみる

習慣②集中力を高める
生活のどこかに『試験を受けている状態』を持とう
     ・脳の基本回転数を上げるには、食後に、脳に血流を巡らせて机の片づけなどが良いそうです。
     ・時間の制約をなくすと、「何がより重要か」も判断しにくくなる
   
習慣③睡眠の意義 ]
夜は情報を蓄える時間。睡眠中の「整理力」を利用しよう
    ・考え方をおおざっぱにまとめ、早く寝よう

習慣④脳の持続力を高める
     家事こそ「脳トレ」。 雑用を積極的にこなそう
    ・家事も積極的な工夫で週に一度も作ったことない料理を作るとか。家のどこかの模様替えをする。前頭葉に司令塔としての仕事を十分にさせる。

習慣⑤問題解決能力を高める  
     自分を動かす「ルール」と「行動予定表」を作ろう
    ・書いたものを自分で分析したり、他人に評価してもらったりすることも大切

習慣⑥意欲を高める
人を好意的に評価しよう。時には、ダメな自分を見せよう
     まずは、人との出会いを大切に
     出会いが脳を動かす
    ・意欲を高めるには、自分の行動と結果を誰かが評価してくれることが重要
    ・人を好意的に評価することは、自分が評価されやすい環境を作る事に繋がる
    ・生活のどこかにダメな自分を見せる場面があると、意欲を高めやすくなる

習慣⑦創造力を高める
     ひらめきは「余計なこと」の中にある。活動をマルチにしよう
     ・アイデアは情報の組み合わせと考える。無からは有りは生み出せない
     ・書くことによって情報を脳に刻み込み、まとめをしながら考える
     ・創造力を高めるには、活動をマルチにし、人生を楽しもうとすることが大切



アンチエイジングに効果ありです071.gif

15の習慣を少しずつ続けていきたいと思いま~す060.gif



f0207320_1027232.jpg

004.gif 夏ですね~♪ 珍しい~カブトムシが我が家3階まで飛んできました。。。
カブトムシもかなり高くまで飛ぶのですね~(驚)
[PR]
by easydiary | 2011-08-01 14:10 | その他